ぶどうのいえバザー 無事終了                  2019/10/20

10月20日(日)今年もぶどうのいえは、水曜日、金曜日のスタッフが心を込めて手作りした作品を出品しました。お越しいただいた皆様、有難うございました。





車いす体験講習会                         2019/9/1


『地域の方々との交流を通して車いす操作や介助方法を学び、障がい者への理解を深めます』という目的で『車いす体験講習会』が9月1日に行われました。この講習会は毎回各地の社会福祉協議会から講師を派遣してもらって開催しています。
今回は文京区社会福祉協議会から指導者を派遣して頂き、地元の弥生町町会、テモテ教会、そしてぶどうのいえに障関連の代表として呼びかけました。体験用の車いすは文京区社会福祉協議会が用意してくださいましたが、台数に制限があり、ぶどうのいえのステップリフト体験をあわせておこなうことになりました。
参加者を2つのグループに分け、車いす体験とステップリフト体験を交互に行いました。車いす体験は押し手と乗り手を交代して、本郷通りでの段差、横断歩道、自動販売機の使い勝手などを体験し、ぶどうのいえ内のステップリフト体験では、操作方法を学ぶだけではなく、実際に乗って見ました。この体験は貴重なものでした。ステップリフトがことの他よく使われていることを知り、設置の効果を思いました。
障関連の車いすの講習会は2010年に始まりましたので、今回で10回目になりましたが参加者はふたつの体験が出来て障がい者への理解を深めるという目的は従来にも増してよりよく達成出来たものと思います。


            「障がい者」関連活動連絡会(障関連)代表 鵜飼良機

 

 

 

ぶどうのいえ支援コンサート                   2019/6/15

2019年6月15日(土)多くのお客様にお越しいただき、ぶどうのいえにて清水 透先生、伴奏の花井 研さん、友情出演の渡辺 千枝さん、ご出演の「こころの歌<いのち>のおはなし」のコンサートが開催されました。
清水 透先生は「五月のパリが好き」「青葉城恋唄」等全7曲、渡辺 千枝さんは「バラ色の人生」等を花井 研さんのピアノ伴奏により歌っていただきました。
清水先生による<いのち>のおはなしは、とても優しい語り口で時にはユーモアを交えながら おはなしくださり心が温かくなりました。
演奏の合間のテイータイム時に ぶどうのいえの施設見学会を行い多くの人にお部屋や食堂等を見ていただきました。その際、私達スタッフにもねぎらいの言葉をかけていただき
とても励みになりました。
また、清水先生には、コンサート時に ぶどうのいえ支援のための募金箱をご用意いただき、当日集まった寄付金はぶどうのいえに全額、ご寄付いただきました。
清水 透先生、花井 研さん、渡名 千枝さん、お越し下さったお客様、本当に有難うございました。

 

 


   ぶどうのいえ施設見学会の様子です

 

講演会&ミニコンサート                      2019/ 1/19


2019年1月19日(土)現在ぶどうのいえの理事でいらっしゃる前田美穂先生(日本医科大学 名誉教授)をお招きし「小児がんー治療の影響ー」の講演をいただきました。小児がんの治療について、長期フォローアップが必要であること等のお話をお聞きして、大変勉強になりました。改めて ぶどうのいえの意義を感じました。

前田先生の講演の後にはミニコンサートを開催しました。演奏は昨年も ご出演いただいたソプラノの横内尚子さんとピアノの畠山正成さんご夫妻です。今回も素晴らしい歌声とピアノ演奏を聴く事ができ、心が癒されたました。

 


バザー                             2018/10/21

10月21日(日) 秋晴れの爽やかな1日、隣接する
「東京聖テモテ教会」と共催のバザーが開催されました。
ぶどうのいえは水曜日、金曜日のボランティアスタッフがコツコツと手作りした作品(刺し子の布巾、ティッシュケース、ランチョンマット、ポーチ等)を毎年、出品しています。例年はぶどうのいえのロビーで販売をしていますが、今年はお庭にブース設けました。
又、当日はぶどうのいえの施設見学会とご案内も行いました。
好天に恵まれ大勢のお客様にお越し頂き、有難うございました。

 

講演会&ミニコンサート                      2018/ 6/ 2

2018年6月2日(土) 日本医療科学大学健康管理センター長の別所文雄先生をお招きし「子供たちの心身の健全な発達のために大切な最初の1000日」のご講演をいただきました。子どもが成長するにあたって、母親のお腹の中にいる時から環境、栄養、健康、平和がいかに大事であるか、私たちにもわかりやすく説明して下さり、たいへん感銘を受けました。

別所先生のご講演の後、テイータイムをはさんでミニコンサートを開催しました。メゾソプラノの横内尚子さんと、ピアノ伴奏の畠山正成さんご夫妻によるクラッシックの名曲と日本の歌曲を演奏していただき、素敵な午後のひと時を過ごすことが出来ました。

今秋も講演会&ミニコンサートを計画しています。ご期待ください。




尾松純子「語りの世界」のご報告                 2017/12/16

2017年12月16日、8回目のぶどうのいえ支援イベント“尾松純子「語りの世界」”をこの度も盛況のうちに終える事が出来ました。厚く感謝申し上げます。
あまりの超満員でかえって快適に語りの世界を楽しむ事が出来なかったお客様もおられた第7回を反省して、早めにチケット販売を終了させて戴きました。そのためお越しになれなかった皆さまには深くお詫び申し上げます。それでもなお満員のご来場を頂き、音楽、若手の語り手を交えた2部構成の“尾松純子「語りの世界」”を楽しんでいただきました。おかげさまで、“認定NPO法人ぶどうのいえ”へ支援金を納めることが出来ましたことをご報告申し上げます。
第9回は2018年12月15日(土)を予定しております。また、例年夕の部は昼の部に比べてかなり余裕があります。補助いす無しの落ち着いた雰囲気で“語りの世界”を楽しんでいただけるものと思います。詳細は後日広報チラシ、当ホームページ等でお知らせいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。
                               ぶどうのいえイベント事務局 代表 鵜飼良機



リハーサル中の尾松純子さん


フルート:橋本弥泰子さん ギター:橋本保憲さんご夫婦

 

 

 

ぶどうのいえ プログラム報告 「語りの世界」          2016/12/17

ぶどうのいえ支援イベントとしての尾松純子「語りの世界」は2016年12月17日の会で7回目を迎えました。お陰様で回を追うごとに好評の度を加え、2016年は、昼の部・夕の部合わせて240名を超える来場がありました。また、毎年楽しみにしているとの声もおききします。本当に有り難く、うれしいことです。
語りの世界の広報チラシに、“雨が天から降り注ぎ大地を潤すように、人の心を潤します。人の心に生まれた喜びや悲しみ、おそれやおののき、そして笑いを通して、彼女が紡ぎ出す不思議な世界は、聴き手が味わう心温まるところです。”とあるような、尾松純子の語りが聴衆の心に回を重ねるごとに深く刻み込まれて来ていることでしょう。
ご来場の皆様に快適な環境で語りの世界を味わっていただき、なおかつ、本来の目的である、ぶどうのいえ支援イベントとしての役割を十全に果たすためにはどうすればよいかという嬉しい悩みの内にあります。
2017年の尾松純子「語りの世界」は12月16日(土)を予定しております。詳細は後日広報チラシ、当ホームページ等でお知らせいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。

ぶどうのいえイベント事務局

代表 鵜飼良機