ごあいさつ

ようこそ ぶどうのいえのホームページを訪ねて下さいました。

 ぶどうのいえは、多くの方々のご支援によって1995年11月に創立されました。
それ以来、「難病とたたかう子どもと家族」のための滞在施設として、毎年3,000人を超える方々にご利用いただいています。

 その後、2000年4月に、「特定非営利活動法人」(NPO法人)となり、創立10周年を迎えた2005年6月に「認定NPO法人」の資格を国税庁からいただくことができました。これによって、ぶどうのいえの活動が広く社会から認められることになり、同時に、ご寄付をされた方々には免税措置が認められることになりました。
 そして、2015年11月には「創立20周年」を迎えることができました。この20年間、ぶどうのいえを「無事故」で運営してきたことは、私たちが誇りとしているところです。

  また、ぶどうのいえでは、利用者の皆さんに少ない経済的負担で滞在していただくために、多くの個人の方々と日立グループはじめとする法人や運営会員の皆さんからのご寄付・ご支援によって、運営が支えられてきました。心から深く感謝しています。 

 ぶどうのいえの日常の運営は、ボランティアの皆さんによって行われています。常勤の職員は勤務していません。受付業務・事務処理・「ぶどうのいえだより」の編集・発行、お掃除、手芸、お菓子作り等、皆で分担してこなしています。関心のある方は是非お問合せ下さい。新たに参加していただけるボランティアの皆さんをお待ちしています。

 今後とも、利用者の皆さんにとっての「もうひとつの我が家」となれるよう、常に変わらないホスピタリティを持ち続けて活動していきたいと願っています。
 皆様の一層のご支援、ご鞭撻をお願い致します。

理事長 大隈 廣